看護師の求人

看護師の求人とは、以前は、ハローワークのような職業をあっせんする公的な場や、看護学校や医療系の大学で募集がありそれぞれ、各自で就職活動を行っていました。また、最近では少なくなりましたが、病院に付属しているような看護専門学校や、また、奨学金制度のある学校では、卒業後一定期間すでに決められた病院で働くなどいわゆるお礼奉公がありました。しかし、現在では、全くシステムがことなり、以前のような看護師の求人とは大きくかわりました。変わった点は、やはりインターネットの普及が影響しています。多くの看護師の求人は、インターネットを介して全国の病院や施設の情報が簡単に得られるようになりました。ですので、自分を足で希望する病院に足を運び見学し、情報を得るような看護師の求人とは全く異なるシステムです。しかし、すべてがインターネットを介して就職決定までというわけではなく、ある程度インターネットからの情報を得たうえで、実際に希望する先の病院に連絡し見学、面談という流れは同じですが、見学までにある程度情報を仕入れることができるという点においては、就職を探す者、また受け入れる側にとっても効率の良いシステムであるといえます。また、インターネットでは、全国の情報が確認できるだけでなく、自分の希望する形態の勤務、看護師の多くは夜間勤務を実施していますが、夜間勤務なしなどの自分の条件にあう病院を検索できることが大きな魅力の一つではないかと思います。

おすすめ求人サイト

ナースフル リクルート

ナースではたらこ ディップ

 

看護師の求人のポイント

2025年に日本が迎えるといわれている超高齢化社会のピークにむけて、現在日本ではどこの医療法人・社会福祉法人でも看護師などの専門職が不足し、各法人がさまざまな求人活動を行っている。では、なぜ看護師が不足しているのかについて看護師側の側面から考察することによって看護師の求人のポイントについて考察を行ってみたいと思う。現在日本では看護師の男女比率については男性が増えたとはいえ、女性主体の職場であることは周知のことであろう。また、年齢層を考えると若年層より、団塊世代や団塊ジュニア世代が年齢構成の主構成であると考えられる。そうなると、多くの女性は所帯をもっていると考えられるため育児世代などが多いと考えられる。看護師業務の大変なところとしてよく語られることには、体力面の大変さや勤務時間が不規則であることがよくあげられる。この面から考えると、看護師の求人のポイントは不規則勤務の解決や家庭を優先することのできる勤務体制の構築などが考えられる。また、現代においては多くの看護師が高学歴化しており、留学や大学院への編入など勤務後もライフステージの変化によって再度勉強しなおす方が多くなってきていると考えられる。これらの傾向からも勤務体制の柔軟さなどについても考えてゆかなければならないであろう。また、医療福祉専門職は対人援助職として、過大なストレスを抱えてしまう傾向があり、燃え尽き症候群なども問題となっている。これらの面から考えるならば、福利厚生面の充実によって、ストレス軽減を図る必要が看護師の求人のポイントとして考えていかなければならないであろう。

看護師求人 埼玉